記事作成を依頼しWebからの集客を実現した私が気をつけたポイント

最新記事一覧

2019.3.11

記事作成業者選びは慎重に!こんな業者がオススメ

記事をいくら書いても読んでもらわなければ意味がありませんよね。つまりアクセス数が伸びる記事をコンテンツとして追加していく必要があるわけです。アクセス数を伸ばすためにはSEOを意識したキーワード選定や、タイトルの選定が必要になります。

2019.3.14

自社の企業サイトに記事作成を依頼するメリット

いくら質のいい記事を安定して書いてもらえる業者でも、顧客に合った記事を書いてもらえなければ効果は見込めません。どのような方へ向けた記事なのか、読んでもらうことによってどういう行動を訴求したいのかによっても記事の内容は変わってきます。

2019.3.20

記事を制作した後の更新作業を誰が担当するのか?

記事作成前の競合調査の重要性については前述した通りですが、記事投稿後の競合調査もセットで非常に重要です。事前に解析を重ね、これが効果的であろうというコンテンツを発信したつもりが、思ったようにPV数が伸びない、なんてことも多々あります。

2019.4.6

記事制作を依頼する際に気をつけたいポイント

実績や信頼がまるで見受けられない業者に記事の作成代行を依頼するのは極めてリスクが高い行為です。「まずは業者の評判は?」「どんな記事を書いてるの?」「どのくらいの効果が見込めるの?」などにフォーカスして選んでいきましょう。顧客層の幅も広ければ尚良しです。

記事作成を依頼しWeb集客を実現した6つのポイント

①記事作成の時間を削減出来て業務に集中出来る

メディアを運営しようとなるとかなりの時間と手間がかかります。経験のない自社社員だけで取り組んだり、新たに人を雇ったりするとコストもかさみます。上手に外注を取り入れることで、自社だけで運用するよりも安価にコンテンツを充実させられるため、全体のコストを抑えつつ最大限の効果を上げられます。メディアやサイトを通じてweb集客をするとなった時、自分でコンテンツをどんどん蓄積していくとなると業務のうちの多くの時間が記事作成に取られてしまい、なかなか業務が進まないなんて方も多いのではないでしょうか。ですが、記事の作成を依頼することによって記事を書く時間を大幅に削減することができます。自分で何千文字も苦労して考え抜いて記事を書いたとしても必ずしもweb集客がうまくいくという保証はありません。したがって、分業制を取ることにより本来の業務のみに集中することができ、結果的に時間でみてもかかる費用でみてもかなりの効果が見込めることになります。

②効果的な記事をプロの目線で制作して貰える

web集客を成功させようと思うと、むやみに記事の量をただ多く書いてもあまり効果的ではありません。その記事の質が何よりも重要であり、いかにサイトを閲覧している方が欲しい情報をわかりやすく発信できているかが大きなカギになります。業者に記事の作成を依頼すればプロのライターによる質の高い効果的なコンテンツを制作してもらえますし、それは自身で書くよりも効果的なものです。さらにはしっかりとキーワード選定も行ってもらえるため、コンテンツSEOとしても効果的ですし、業者選びのポイントをしっかりと抑えることができていれば、サイトの集客強化に直結するいいコンテンツを提供してもらうことが可能です。

③記事を継続的に更新し続ける事が出来る

自分で記事を継続的に更新していくことは余程の時間と根気がないとかなり難しいと思いませんか?現在、Googleでは最低でも3日に一回、有益なコンテンツを更新していないサイトはどんどんサイト評価を落とされていってしまいます。それをサイトの運営もしながら行っていくとなると前述したように多くの時間を記事作成に確保しなくてはなりません。すると結果として本業のほうも記事作成もおざなりになってきてしまいます。そうならないために質の高いコンテンツを代行して作成・更新してもらう事が重要になってきます。

④記事を見たユーザーからの問い合わせや依頼が増えた

記事作成代行により得られるメリットはまだたくさんあります。質の高い記事を継続的に更新し続けているわけですから当然その分PV数も増えますし、離脱率も下がり、記事を見てくださる方の層も厚くなっていきます。現状の結果として記事の作成代行を依頼してからはその記事を見たお客様からの問い合わせや依頼がかなり増えました。記事を読んだ人が欲しい情報をピックアップして記事を書いてもらえるため、「また読みたい」と思っていただけるような記事をページ内に蓄積していくことが可能となり、サイトからの離脱率を下げるだけではなく、リピート率もあげることができます。

⑤記事制作とタイトルやディスクリプションで効果加速

記事のタイトルやディスクリプションは内部SEOを意識する上でとても重要な要素です。ディスクリプションとはタイトルを見た後に飛び込んでくる短めの説明文のようなもので、100文字程度で書かれていることが多いです。その記事の内容をいかに短くわかりやすく、ユーザーに「読みたい!」と思ってもらえるように表現するかが大変重要です。ユーザーが記事のタイトルを見た際にどういった内容の記事なのかを把握するように、検索エンジンも同じようにタイトルやディスクリプションを見ています。検索順位を上げていくためにもこういった施策は行っておいた方がいいかもしれません。

⑥ブログ記事の内容は検索される内容を意識して作成

ブログの内容、やっぱり大切ですよね。ユーザーが求めていない情報を長ったらしくつらつら書いていても読まれる記事とは言えません。では何が大切なのか。それはユーザーが検索するであろう情報をキーワードとして抽出し、タイトルや文中に組み込んで記事を作成していくことです。ただタイトルを考えて好きなように本文を書けばいいというものではないということです。記事作成代行の業者に書いてもらえば労力もかからずSEOを意識したコンテンツを制作することができ、今後の集客を考えていった時に絶対に不可欠な要素を抑えることができるため、ユーザーにとって常に有益であり続けるコンテンツをサイトに蓄積させることが可能なわけです。

記事作成について