記事作成を依頼しWebからの集客を実現した私が気をつけたポイント

①ただ記事を書くのではなく企画からしているか

いくら余分な時間を削減するためとは言え、テンプレート通りの記事を書いていては競合サイトとの差別化を図れず、なかなか思ったように成果が出てきません。

そこで、記事の作成を依頼する際には企画段階から綿密に計画を立て、戦略的に記事を作成してくれるか?を重視するといいでしょう。加えて、その業者の満足度や継続度などの評判も業者選びをする上でのポイントです。

過去に書いた事例なども事前に提供してもらい、自社のブログ記事のコンセプトやペルソナに合致しそうか、導入後はどういった効果が見込めるのか、なども判断基準として押さえておくと失敗せずに済むかもしれませんね。

②記事作成だけではなく運用する事が集客に効果的

記事作成代行を依頼することによって社内のリソース不足を解消できるだけでなく、運用まですることにより相乗効果でより集客に拍車をかけることが可能です。

記事の高頻度な更新と継続的な運用をいかに続けていけるかで今後の中長期的な集客の効果が変わってきます。集客にはブログ記事などのコンテンツ追加だけではなく、勿論サイト自体の運用や、投稿後の記事の解析なども重要なポイントになってきます。

依頼しようとしている業者はそういった点を押さえて記事を書いてくれそうか、事前に確認しておきましょう。

③記事の制作は各業界の実績があるサービスがお勧め

実績や信頼がまるで見受けられない業者に記事の作成代行を依頼するのは極めてリスクが高い行為です。「まずは業者の評判は?」「どんな記事を書いてるの?」「どのくらいの効果が見込めるの?」などにフォーカスして選んでいきましょう。

顧客層の幅も広ければ尚良しです。業界の幅が広いということはその分記事の汎用性や柔軟性が高いということでもあります。サンプル記事などを提示してもらい、費用対効果や記事作成後に見込める成果なども加味して選べば、きっと自社にあったいい業者を見つけることができるはずです。

④依頼した記事が検索エンジンに評価されるように

検索エンジンに評価されるためには一定基準以上のコンテンツの追加と、内容が有益であること、さらにはSEO対策のためのキーワード選定までもしなくてはなりません。

これを自分でやっていこうと思うと相当な労力とコストがかかります。

ですが、記事代行を依頼すればプロのライターが上記の条件を全て満たした記事を制作してくれます。ただし、「クオリティが高く質のいい記事」が必ずしも「成果の上がる記事」であるとは限りません。自社の会社柄をよく理解し、適切なコンテンツを書いてくれるかで、検索エンジンからの評価も変わってきます。

記事作成について