記事作成を依頼しWebからの集客を実現した私が気をつけたポイント

①記事がコピーコンテンツでないかのチェックが入る

SEOを意識した記事を書こうと思うと、参考記事をコピー&ペーストするなんてご法度です。サイトの記事の中身を真似して書いてしまうとコピーコンテンツとして適切な記事でないと判断されてしまい、結果的に検索順位を下げられてしまうということになりかねません。

基本的に記事内容の重複は50%以下が適切とされており、割合が半分以上になってしまうとページ自体の検索順位がどんどん下がっていってしまいます。プロの業者に記事の代行を頼めば、公開前にコンテンツがコピーされていないかのチェックが入り、万一基準を満たしていなくても、公開前に発見し、改善することができます。

②自社のターゲットに合わせて記事作成をしてくれる

いくら質のいい記事を安定して書いてもらえる業者でも、顧客に合った記事を書いてもらえなければ効果は見込めません。どのような方へ向けた記事なのか、読んでもらうことによってどういう行動を訴求したいのかによっても記事の内容は変わってくるので、ライティングをしてもらう上でも自社の発信したい情報や、またその方法を共有する必要があります。

事前の打ち合わせなどでペルソナを明確に伝え理解してもらった上で記事を制作してもらうようにすれば記事を書いた後に効果が出なかった、などの失敗を減らすことができるはずです。

 

③記事の中にキーワードを適切に入れて制作される

キーワード選定といってもその方法も多岐に渡ります。もちろん読者もロボットではないので、欲しがっている内容や情報は月単位、もしくは日単位で変わっていってます。なので今リアルタイムで地域で流行している情報はなんなのか、を分析し適切なキーワードとして抽出し、それらをタイトルや文中に組み込んでくれるような記事を書いてもらえると理想的と言えます。

キーワード選定の方法にも業者によって様々なやり方があるので、依頼しようと考えている業者がどのようにキーワードを選定し、どういった効果を見込んで使用しているのかも事前に知っておきましょう。

④ブログ記事内容を競合調査した上で提案してくれる

どんなサイトを作れども、競合となってくるサイトや企業はたくさんあります。そういったサイトのコンテンツとどのようにして差別化を図っていくのか、そのためにはどのようなアプローチが必要なのか、を徹底的にリサーチして記事を提案してくれる業者を選びましょう。

記事の更新だけではなく、今サイトのアクセス数やお問い合わせ数などの現状はどうなっていて、競合とは何が違うのか、では差別化を図るためにはどういったアプローチをしていけば効果的なのかなどを深く調べ提案してくれるような業者であればなお良しです。

記事作成について